みんなで楽しくヒップホップを踊ったよ!

5月13日(月)は文化芸術体験教室がありました。今回はヒップホップで講師はAIRI先生でした。

最初は、ストレッチをして身体をほぐしてから先生の動きに合わせて踊りました。一通り動きを覚えたら、今度は曲に合わせてレッツダンス!


前後左右に移動したり、ジャンプしたり、右に左にスライドしたり、腕もウェーブしながら動かしたりと激しい動きだけれども楽しそうでした。「もっと踊りたーい」という子どもたちの声も聞かれるほどやる気満々!

おなじみの音楽付お話コーナーではピアノのBGMによる「まんげつダンス!」を聴きました。満月の夜、馬と豚と羊のお母さんたちは張り切ってダンスを踊りますが、失敗ばかりしてしまいます。お母さんたちが疲れて寝てしまうと、子どもたちが待ってましたと起き出して踊るという、今日の体験教室にふさわしい内容でした。

最後は、AIRI先生によるダンスパフォーマンス!軽やかでポップな動きに自然と子どもたちの手拍子が始まりました。子どもたちもダンスで身体を動かして、楽しい時間を過ごすことができました。

 

5年ぶりの開催『幼児文化芸術祭』

明日は、『第11回幼児文化芸術祭』が5年ぶりに開催されます。

愛・地球博記念公園の体育館では、会場準備が行われていました。

大きなトラックから荷物が降ろされて、体育館がみるみるうちに芸術祭の会場に姿を変えていきます。

グランドピアノ🎹も運ばれます。

ピアノの音のチェックもして、準備完了!

2024年3月24日(日)

体育館に集まる加盟園の園児、保護者の方たちを見て、開催できる喜びを実感しました。

まず、本番前リハーサルを行いました。

立派な会場や多くの園の子どもたち、出演者の皆さんの様子を見て、子どもたちは、今からはじまる「幼児文化芸術祭」に少し緊張している様子も感じられました。

会場が、出演者とお客さんで埋め尽くされると本番のファンファーレが鳴り響き、さぁ、幼児文化芸術祭開演です。

『雅楽』

様々な音の重なり、音色が高い天井に響き渡り、素晴らしい舞を披露してくださいました。

『バンド演奏』

吹奏楽で一番人気と言われる「宝島」の演奏で会場を盛り上げてくださいました。

『サルサ』

情熱的なサルサダンスの世界に、熱くなりました。

『バレエ』

華やかさとしなやかな踊りに、会場は幸せな空気に包まれました。

『親子舞踏会』

プロダンサーの方の後に続いて、入場です!!

曲は、『皇帝ワルツ』

お父さん、お母さんと一緒に舞踏会へ☆☆☆

親子舞踏会の後は、プロダンサーの華麗な社交ダンスです。

そして、最後のプロブラム『第九コンサート』です。

ソリスト、合唱団、保護者の皆さま、加盟園9園の4月から1年生になる子どもたちの共演です。

アンコールでは、会場の皆さま全員での大合唱♬

歌詞の中にある「歩き出そう未来へ・・・希望の歌を響かせて」の想いが歌声にのって素晴らしい瞬間でした。

最後に、幼児文化芸術協会会長より挨拶、本日、無事に開催されたことに、心より感謝申し上げます。

【出演者紹介】

◎雅楽・・・江島若宮八幡神社雅楽愛好会

◎バンド演奏・・・名古屋アカデミックウインズ

◎サルサダンス・・・マリヨゴダンススクール

◎バレエ・・・越智インターナショナルバレエ

◎親子舞踏会・・・(ダンス共演)武澤 秀一・武澤 幸子

(演奏)名古屋アカデミックウイング

◎第九コンサート・・・(指揮)榊原 佳子

(声楽家)日比野 景 ソプラノ

安永 紀子 メゾソプラノ

安賜勲 Johannes テノール

能勢 健司 バリトン

(合唱団)佳の会 第九合唱団

(ピアニスト)青木 園恵

(歌唱指導)安永 紀子・神谷 舞・長屋 恵

多くの皆さまのご協力により、5年ぶりに開催することができました。

本当にありがとうございました。

 

 

「フィンランド~外国のことをしろう~」(鳴海ヶ丘幼稚園)

本年度の文化芸術体験5回目は「フィンランド」です。

先生が暖かそうな服を着て登場です!ですが、話している言葉が分かりません。

「なんて言っているんだろう?」

日本語で「こんにちは」の意味を表す「モイ!」「ありがとう」の意味を表す「キートス」というフィンランドの言葉だったのです!みんなで言ってみましょう!

また、日本では想像もつかないような-30℃という寒さになる日もあるので暖かい服を着ていたのです!

そしてフィンランドがどんな国なのか多くの事を教えていただきました。

こちらは国旗です。

「見たことある!」「可愛い色だね!」と様々な感想が聞こえてきました。

白色は「雪」を、青色は「湖」を意味しているそうです。

有名な人クイズではすぐに「サンタクロース!」という答えが聞こえてきまし

た!

三段の雪だるまや、オーロラクリスマス休みなどフィンランド特有の文化を知り、日本との違いに驚いていました

最後にはフォークダンスを披露していただき、真似をしながら身体全体を動かして楽しみました!

すっかりフィンランド博士になったみんなで最後のご挨拶をしました!「キートス!」

視覚、聴覚など五感を使って外国の文化に触れた心に残る時間となりました♪

 

 

 

 

 

 

弦楽器🎻ピアノ🎹三重奏を楽しもう(鳴海ヶ丘幼稚園)

本年度の文化芸術体験4回目は『弦楽器』

子どもたちには、当日まで何の楽器なのかは、内緒に・・・

まずはじめに登場したのは、ピアノ🎹です。

その後は、楽器クイズをしました。

ヴァイオリンチェロ、どんな音がするかな?」「大きさはどうかな?」

「う〜ん」と考える子どもたち(#^.^#)

そして、ヴァイオリンチェロが登場!!

「初めて見た!」

また、チェロの大きさに👀驚く様子も・・・

演奏がはじまると、ホール内は3つの音色が響きわたり

子どもたちも見学の保護者の方々も演奏にうっとり♬

そして、バイオリンの弓を見せてもらい・・・

「馬のしっぽで出来ているんだよ。」

「え〜」しっぽ🐎とびっくり!!

 

最後は「崖の上のポニョ」の演奏♪

「この歌知ってる!」「ポニョだ!」

演奏に合わせて自然と身体が動いてしまうほど、楽しんでいました。

 

三つの楽器から奏でられるきれいな音に感動し、「もっと聴きたかった!」という声が聞こえ、素敵な時間を過ごすことができました。

素晴らしい演奏を聴かせてくださった、演奏家の皆さまにも感謝です。

ありがとうございました。

 

日本の伝統文化『日本舞踊』を体験しました。

今年度4回目の文化芸術体験が行われました。

日本の伝統的な踊りである『日本舞踊』を楽しみました。

先生をお迎えして「よろしくお願いいたします。」

まずは、正座をしてお辞儀の練習。

手を重ねお山にして、頭をゆっくりと動かします。

次はいよいよ踊りです。

 

まずは、月の🌕お話しを先生から聞きました。

「さぁ~みなさんで踊ってみましょう!」

しなやかに踊る先生の真似をしながら一生懸命に踊る子どもたちの姿が見られました。

先生から

「指先まで伸ばして踊るともっと素敵になるよ!」とアドバイスをいただきもう一回・・・

日本の踊りならではの華麗な踊りになりました。

最後は先生からの踊りのプレゼント。

傘をキノコに見立てて・・・

キノコダンス🍄

楽しいダンスに自然と子どもたちの拍手がホールに鳴り響きました。

「キノコ面白い!」

「私もやってみたい!」という声も。

 

次の文化芸術体験は何か楽しみですね。

これからも様々な国の文化に触れ、豊かな感性を育てましょう!